アーカイブ

Archive for the ‘その他。’ Category

3dcoatとSketchfab.com

お久しぶりです。

かなり放置してしまいました。

ツイッターの方では呟いていたんですが…。

モデリングしたデータをブラウザ上で表示出来るsketchfab.comというサイトがあるんですが

cat skull (click to view in 3D)

cat skull

Humboldt Penguin (click to view in 3D)

Humboldt Penguin

https://sketchfab.com/koji_hagenomyia/recent

3dcoatを使うとかなり簡単にアップロード出来るようになっているのでやり方を紹介しておきます。

大まかな流れを書くと

まず、ボクセルやLiveClayで作って、そのままUVも貼らずペイント(カラー、スペキュラ)して、

リトポしてピクセルペイントでリトポしたモデルにテクスチャを作って焼き付けて

そのモデルを3dcoatからsketchfab.comへと言う流れです。

ボクセルやLiveClayで作ってそのまま上げてしまうことも可能です。

さて、説明を開始します。

まずは、モデリングですね。image

以前球体から作ったフンボルトペンギンです。日本の動物園には沢山居るペンギンですね~。かわいい奴らです。

ボクセルで形を作成した後ペイントルームでボクセルペイント(頂点ペイント)して着色しました。スペキュラは入っていません。このままだとUVマッピングの設定もされていないのでSketchfab.comへアップロードすると色なしになります。

次はリトポですね。

リトポに関してはマルプラさんところを参考にしましょう、こちらです。

今回はオートリトポでざっくりとリトポして、それから手で修正していきました。

image

ボクセルツリーでモデルの入ってるレイヤーを右クリックします。

image

こんな感じでメニューが表示されるので赤で囲ったAUTOPOにマウスカーソルを合わせます。

image

メニューが現れるので自動リトポロジーを選択します。

image

こんなダイアログが現れます。今回は、大体のポリゴン数を10000位で行きましょう。OKします。

image

自動リトポジーウィザードが現れるのでポリゴンを多くしたいところをブラシで塗ってあげます。

今回はこんな感じで塗りました。足のみでも良かったんですけどね。

左右対称のモデルであれば対称をonにして作業すると楽でしょう。作業時は平行投影で作業するのがおススメです。

記事用とアップロードした時で2回同じ作業をしています、キャプチャとって置けば良かった(涙

で、次へ。

次の自動リトポジーウィザードが現れます。

image

今度は、ポリゴンの流れを指定してあげます。体のラインに沿って格子状になるように線を引いていきましょう。

・空白を左クリックしてドラッグし、オブジェクトをまたいで空白でドロップするとオレンジ色のラインのように輪切りに出来ます。スライスですね。

・白の線は現在アクティブな線です。緑と白のラインはポイントを移動させて後から編集が可能です。ポイント同士をくっ付けると接続できますし、コントロールを押してクリックすると切断できます、デリートキーで線自体の削除も可能です。

このときのガイドラインは、なるべく丁寧に引いてあげると後の手作業の修正が減ります。

流れの変わるポイントポイントにラインを置く感じでOKです。

多く引きすぎるのも手間だし、ラインの修正も面倒になるので簡潔にバランスよく。

アップロードした時は割と何も考えずに引いたので後からの修正が大変でした(汗)

面倒なので今回はフリッパー(翼)のみです。すいません。

で次へを押すと計算が始まります。計算が終わると自動的にリトポルームへと切り替わります。

image

(この画像はアップロードした時の完成したメッシュです、すいません。。。)

自動リトポが終わりました。

自動リトポの結果に満足したら、手作業で細かい部分を修正していきます。

自動リトポの結果に満足できなかった場合は、赤線で囲ったリトポグループでレイヤーを非表示にするか

メッシュを削除して再びボクセルルームに戻って再度自動リトポして下さい。

指定したポリゴン密度やラインは残っていますので、それを編集して再計算させて下さい。

納得の行くメッシュが完成したら保存しておきましょう。

保存の仕方はメニューのリトポのリトポロジー状態を保存

image

で、.meshと言う形式で保存できます。

リトポロジー状態を読み込みで保存した.meshを読み込むことが出来ます。

もう一つ方法があります。

image

メニューのファイルのリトポメッシュのエクスポートです。

こちらは、obj、lwo、fbx、stl、ply、daeで保存できます。

読み込む時は、インポートの

image

リトポメッシュをインポートでリトポメッシュとして読み込むことが出来ます。

対応する形式は先ほどと同様です。

では、リトポして作ったメッシュにカラーやスペキュラ、

凸凹の情報(法線マップ)をピクセルペイントで焼き付けてみましょう。

image

メニューのリトポの法線マップと共に焼きこむ(ピクセルペイント)を選択します。

image

選択するとダイアログが出てきます。

image

image

この辺このとはゲーム関係で働いている方が詳しそうです。

色々数値を変えてみて試してみてください。

僕は詳しくないので適当です、すいません。時間があれば勉強します。

image

初期の細分化(ポリゴン数)40968

今回は、一段階分割しました。

テクスチャの幅2048

テクスチャの高さ2048

カラーで描き込んだ毛並みを残しておきたかったので大きめに設定しました。

あとは、デフォルトの設定のままです。

OKを押すとこの設定で焼きこみ(ベイク)が始まります。

計算が終わったらペイントルームへ行き

image

メニューのウィンドウのポップアップのボクセルツリーからボクセルツリーを表示させて

元のオブジェクト(ボクセルペイントしたオブジェクト)を非表示にします。

上手く焼きこまれていますね~。

このペイントルームや、調整ルームでココから編集していくことも出来ますが

今回は何もせずそのままSketchfab.comへ上げました。

では、このモデルをSketchfab.comへアップロードしてみましょう~。

image

image

メニューのヘルプのupload model to sketchfab.comを選択します。

自動的にアップロード用のファイルが作成されてブラウザが立ち上がります。

image

(この表示されている場所はローカルでwebには繋がっていません)

(具体的な場所はC:\Users\User_name\Documents\3D-CoatV4\temp\uploadsketchxxxxxxxx.html)

ブラウザの下の方を表示させて、change Sketchfab API Keyにチェックを入れると こんな感じだと思います。

Sketchfabのアカウントが無ければCreate an Sketchfab account.で作成して下さい。

アカウントが作成出来たらAPI Keyを取得して入力します。

Get your Sketchfab API Key hereココを押すとダッシュボード(dashboard)が表示されます。

画面の右のYour profileの

image

赤で塗りつぶしてあるところにAPI KeyがあるのでそれをクリップボードにコピーしてAPI Keyを貼り付けます。

あとは、タイトル(Title)とモデルの説明(Description)を書いてUpload to Sketchfabを押すと

sketchfab.comにモデルがアップロードされます。

モデルを修正してアドレスを変えずに再アップロードする場合は、

ダッシュボードを表示させて修正するモデルの上にマウスポインタを持っていくと

image

赤枠で囲った歯車のマークが表示されるのでクリックします。

image

こんな感じの画面が出てきますー。

Delete this modelを押すとモデルを消去できます。

Re-upload this modelを押すと再アップロードできます。

一度アップロードしたオブジェクトの簡単な差し替え方ですが。
まず、モデルを修正してメニューのヘルプにあるupload model to sketchfab.com を押します。
3dcoatがアップロード用のファイルを作り始めます。
C:\Users\User_name\Documents\3D-CoatV4\temp にsketchfab.zipが作られているので
そのファイルをアップロードして差し替えます。

image

ブラウズ(BROWSE)で sketchfab.zipを指定してアップロード(upload)すればOKです。

アドレスを変更せずに修正モデルを上げる時にどうぞ~

以上で説明は終わりです。

カテゴリー:その他。

デザインドールと3dcoat。

ども、ちょっと基本編を中断して小ネタを披露しますー。

前回の第二回関西スカルプト会でネタとして準備していたのですが、当日発表できる時間が無く、

呑み会の席で一人の方に見て頂いたのみのデザインドールネタ(ある意味身体を張ったネタ)を

ここで公開したいと思います。

 

もうタイトルの通りなんですが簡単に説明してみます。

デザインドールの説明に関しては公式の動画を参照して下さい。

 

デザインドールを立ち上げて

ドールのアトリエから公式モデル(DA994424)を読み込んでみます。

image

こんな感じで出てきます。

次にメニューを開いて

image

モデルをobjで書き出します。書き出したobjに適当な名前をつけ適当な場所に保存します。

3dcoatを立ち上げます。

ボクセルルームを選択してオブジェクトのimageを選択します。

image

メッシュを選択で先ほどのobjを読み込みます。

チェックボックスはこんな感じで、ボクセル化するようにしてください。

スケールは50万ポリゴン位にしたかったので、自動スケールしたあとスケールを選択して3.0と入力しました。

あと、閉じたメッシュを作成を選択して必ずメッシュは閉じておいて下さい。

必要であれば何回か細分化すると滑らかになります。

では、準備が出来ましたので、適用を押します。

image

こんな感じでボクセルなので離れていた関節もバッチリくっ付きますし、メッシュを気にする必要もありません。

あとはこれをベースに彫り込んで行くというのは如何でしょうか?と言う提案でした。。。

体系、身体比率、ポーズ、割と簡単に作れますし

ドールのアトリエから好きなポーズ、体系を探してきてそこからアレンジと言う使い方も考えられます。

足の指や手の指が動かせない点は残念ですが、あくまで素体なので個人的には十分なのかなぁと思います。

現在のバージョン(12/12/27 デザインドール最新Ver3.7.5)では手の指も動かせるようになっています。

要望につま先の可動もありますのでそのうち実装されるでしょうね。

つま先の可動が実装されれば素体としてはもう十分ですね~!

 

3Dの統合ソフトでセットアップすれば良いのでは?と言う意見もあるかもしれないですが

色々知識も要りますし、高価ですし。。。

 

ネタになると思って勢いで買ったものの使うかどうかは正直分からなかったりします…(汗)

 

あ、一応、動画でまとめておきます。

カテゴリー:その他。

ウチのノートPCとウチのデスクトップ

ツイッターのTLでスムースの効きが悪いという質問が流れていたので、親用に去年の今頃買った安ノートPC(全然親は使っていないので新品同様で放置。)があったので3dcoat入れてみてタブレットや3Dマウス繋いでちょっとノートPCで3dcoatを使ってみました。

感想としては、作業手順を考えれば結構いけるんじゃないって感じで出先でちょいちょい使うならこれで良いかもしれないと思いました。

具体的には、対称offでボクセルで70万poly位でスムース(100%筆圧off)の効きがしんどい感じになりました。只、彫る分にはまだ結構いけます。そのモデルをオートリトポしてマイクロ頂点でテクスチャ解像度2048*2048のメッシュ解像度200万polyで楽に作業できる感じだったので、もうちょい上げても大丈夫そうな感じでした。

流れとしては、

ボクセルでザックリスカルプト→リトポ→マイクロ頂点ペイントで彫り込む。動画録ってみました。

と言う感じが低スペックの場合良いでしょう。コレでかなり彫り込める筈です。

ボクセルを頑張って使ってみるという場合は、切り離しを使って分割する、サーフェイスモードやプロキシを活用する、対称でスカルプトしてるのであれば片側をcutoffや盛り上げの投げ縄ツールで消去して片側のみを彫り込み確認用にインスタンスでミラーすると言うのもあり。などがあると思います。

比較。

ウチのデスクトップの場合、同じ条件でスムースを使うとボクセルがどんどん溶けて行って消滅して行きます。

ボクセルの表示ポリゴン数は1000万を超えても普通に作業する分には全然問題ありません。

ウチのノートPCのスペックは

CPU
AMD Dual-Core E 350
1.6GHz/2コア

ビデオチップ
MOBILITY RADEON HD 6310

対してデスクトップは

CPU

AMD Phenom II X6 1090T Black Edition

ビデオカード

NVIDIA GeForce GTX 670

と言う感じです。かなり差はありますが、作るモデルややりたい事によって必要なスペックは変わってきますので、コスト面を考えるなら、自分の作りたいものやしたい事にあったスペックが望ましいかもしれません。

あっ、原型用途の方は、思いっきりスペックあげて下さい。色々捗ります。

カテゴリー:その他。, PC

はじめに。

はじめまして、kojiと言います。

3d-coatに関する基本的な事を中心に書いて行こうと思います。

結構、3dcoat持っていてもスカルプトで使ってないとか、リトポでしか使ってないって人が多いと思うので

3dcoatのスカルプトも結構使えるよって辺りを書ければと思います。

最近のバージョンは書き味も大分向上していますし。

あと、デジタルで原型を作っていくのに必要そうな所を書いていければと思っています。

今現在、まだ出力した事は無いですけど。。。(汗)

何から書いていこうか迷ったんですが…

まずは、用意する物から行きましょう、ホントに基本の基本です。

・PC(マウスやらキーボードやらモニタ込みです)

・ペンタブレット

3d-coat

まず、PCですね。コレが無いとどうしようもないですから

初めはスペックに不満が出るまで普段使いのPCで良いかと思います。

ペンタブレットは筆圧が使用できればどこのものでも大丈夫だと思いますが

wacomのものが安心かと思います。

3d-coatは、本家や代理店で買いましょう~。

さて、このまま終わっては寂しいので自分なりに思う事を書いて行きます。

・3dcoatとPC

作るもの、作り込みにもよりますが、3dcoatは個人的に正直かなりのスペックを要するスカルプトソフトだと思います。

GPU、CPU共にスペックが高ければ高いほど良いですし、メモリに関しても積めるだけ積んだ方が良いでしょう。OSも64bitのものをオススメします。

只、やはり、やる事によってはそうでもありません。

ペイントルームやサーフェイスモード、リトポを上手く使えばノートPC(最近の安めのもの)でも結構良い感じのモデルを作る事は可能だと思います、この辺はCPUのパワーがあれば結構頑張れる印象があります。

PC選びのコツですが、ノートであれデスクトップであれnvidiaのチップを積んでる物を選びましょう。

どのチップが良いかは、ベンチマークのスコアやCUDAの基数を参考にすると良いでしょう。

あとは予算次第ですね。

3dcoatはCUDAを使って動かすとかなりキビキビ動いてくれます、ボクセル使用時は特に実感出来るかと思います。

古いですが、日本語マニュアルに比較のためにベンチマークがあります是非マシン選びの参考にしましょう。

(12.1 CUDAベーシック,12.2 ベンチマーク)

マニュアルを日本語化して下さった有志の方々に感謝します。

・ペンタブレット

これは必須ですね、マウスで出来る作業もありますが、彫るときに絶対に必要です。

(マウスはマウスで僕は、やる作業によって使い分けています。マウスが良い時もあるので。)

タブレットは、個人的には大きい物がやりやすいです。微妙な動きも読み取ってくれるので…。

しかし、大きさや機種は、自分の環境や好みにあったものを使用するのが一番でしょう。

実際に大型の電気店などで試して見ると良いでしょう。

windows7でペンタブレットを使用する場合は、こちらのサイト(Windows 7でペンタブレットを使ってお絵かきする時のレスポンスを改善する)を参考にして要らないサービスは止めてしまった方がよいでしょう。反応が鈍いと非常に描きにくいので。

・3dcoat

3dcoatは、linux、mac、windowsとサポートするプラットホームが多いのも特徴です。

僕は、今までずっとwindowsを使ってきたので他の環境でどういう感じかは詳しく分からないですが

先日、macユーザーの方が使用しておられるのを見たのですが、同じでした、当然ですが…。

あとは、バージョンアップの速さと言うのも特徴の一つでしょうか?

週に何回もアップデートされる事もあります。アンドリュー(3dcoatの作者)次第ではありますが…。

ベータ版を入れるか入れないかに関して個人的にはどんどん更新されるたびに新しいものを入れていったほうが良いと思います、致命的なバグが入っているデメリットより機能向上のメリットのほうが僕的には大きいからです。それに、バグフィックスもどんどんされていってるのでバグが直っている事もありますから。

現在の安定版(3.7リリース当初のもの?)と最新ベータ(3.7.13)では別物のソフトと言って良いぐらい進化しています。

仕事での使用の場合は、色々と考えないといけないかもしれませんが…。

更新による不具合(バグなど)に関して。

何回も更新していると設定ファイルが古くて不具合が起こる事があります、そんな時は、設定ファイルを消してみるのも一つの手です、windows7の場合は、C:\Users\user_name\Documents\3D-CoatV3の中に設定ファイルがあります。3dcoatを落とした状態でC:\Users\ant_lion\Documents\3D-CoatV3フォルダをリネームして3dcoatを起動すると自動的にフォルダと新しい設定ファイルが生成されます。3dcoatを落として、リネームしておいたフォルダの中からLicense.datを新しく出来たフォルダにコピーすると、そのまま使用出来るかと思います。

あと、グラフィックドライバーが古くて不具合が起こる事もあります、グラフィックドライバーを最新のものに更新しましょう、CUDAを使用してる場合はCUDAも最新のものに更新してみましょう。

それでもおかしい場合は、古いバージョンに戻してみましょう。

最新のベータ版は、フォーラムのNew Releases and Betasolder-versionにあります。

アンドリューのツイッターもチェックしておくと良いかもしれません。