ホーム > ボクセル, 基本操作 > ボクセルで始めてみよう(ブラシ偏。2)

ボクセルで始めてみよう(ブラシ偏。2)

ちょっと予定していた記事では無く「ブラシ偏。2」と題して筆圧の設定に関して書きたいと思います。

第三回関西スカルプト会でblestarさんとお話ししていて出てきたと言うのもありますが、

最新のバージョン(3.7.16A)付近で「ブラシ偏。」で紹介していた筆圧のレベル総数と言うのが廃止されたので

代わりの解決策と言う形で記事を書いてみようと思います。

(確か、タブレット周りに手が加えられたので其の絡みだと思います。)

では、はじめます。

まずメニューの環境設定を選択してBrushingタブを開いてみましょう。

image

前回のブラシ偏で記事にした「筆圧のレベル総数」が消えているのが分かると思います。

まず、朱色の枠で囲った部分のブラシ感度で筆圧の係り具合を調整してみます。

エアブラシを使ってブラシ感度以外デフォルトの設定(初期設定)で描いてみます。

image

筆圧は一定にしてみたつもりですがバラけていますね、すいません…。

自分で試してみて自分に合ったブラシ感度に調節してみましょう。

僕は、0.5に設定しています。

ではもう一つ、今回のメインです。

前回の説明でも少し触れて説明はしなかったエディットカーブに関してです。

上部のエアブラシの深度の筆圧の部分

image

朱色の枠で示した部分にポインタを合わせてください。

edit curvesという項目が現れます。

では開いてみましょう。

image

これも遥か昔に学校の授業で出てきたような気がするグラフですね。

朱色の線で示した横のラインが筆圧になります。

左端が自分の筆圧が0%な状態、右端が自分の筆圧が100%の状態です。

水色の線で示したたてのラインが深度情報になります。

下が現在の深度の中での0%、上が現在の深度の100%の状態と言う感じです。

現在のグラフがどういう状態を示しているかこれでわかると思います。

左から右に行けば行くほど深度が深くなっていっています。

筆圧が弱いときは、深度が浅く、筆圧を強く掛けたときは深いという事ですね。

ではグラフ上のラインを変化させて行きましょう。

(マルプラさんのこちら(3.7.13ベータ版リリース)の記事にカーブの説明があるのであわせてどうぞ。いつも感謝です)

ラインの上で左クリックするとポイントを追加してラインの形状を変化させることが出来ます。

image

画像は、左クリックでポイントを追加して右下にドラッグしてポイントを移動させた状態です。

このグラフを説明しますと、

筆圧の掛け始めは深度のあがり方は弱く、筆圧を強くすると急激に深度が上がっていく、そういう感じのグラフですね。

同じ要領で複数のポイントを追加することも出来ます。

image

シグモイド曲線が出来ました。

筆圧の掛け初めの弱いときは深度があがらず、筆圧が中ほどのところで急激に深度が上がります、筆圧の強い状態ではそれほど深度はもう上がらないという感じのグラフですね。

実用的かはおいておいて、こんな感じの曲線も可能です。

ポイントの削除方法ですがポイント同士をくっつけるとポイントが削除されます。

片方のポイントをドラッグしてもう片方に重ねればOKです。

今度はカーブの形状を変更させて見ましょう。

ポイントの上で右クリックしてみてください。

image

ポイントとカーブが離れているのが分かるでしょうか?

これで緩めのカーブを作ることが出来ます。

ではもう一度ポイントの上で右クリックしてみましょう。

image

直線になりました。

このような形状も可能です。

さらにもう一度右クリックを押すと最初のカーブに戻ります。

色々変更しすぎてごちゃごちゃして元に戻したくなった場合は、to defaultをクリックしてください。

では僕の現在のおススメの設定を紹介してみたいと思います。

image

この形状で、前回筆圧のレベル総数で説明した状態+αな感じになると思います。

ポイントは、深度の上限を下げたことです。

この設定では、筆圧を最大に上げても現在の深度の50%が最大深度となります。

これで、浅い深度の微調整が可能となるかと思います。

実際に描いてみながらカーブを編集して自分の好みの設定を見つけると良いと思います。

書き味は大切ですからね。

 

 

現在のバージョン(3.7.16A)では、プリセットやカーブを保存するとカーブがおかしな形状に。。。。(汗

ツールを変更しただけでもカーブ形状がおかしくなりますね、ふーむ。

現状では、設定しなおすしかなさそうです…、残念。

書き味と言うのは重要なので、ちゃんと保存されるようになることを望みます。

と、要望をここに書いても仕方ないですが。

ブラシ感度は保存されています。ここを変えるだけでも違いますよ。

 

blestarさん、1対1でお話できて嬉しかったです、またスカルプト話しましょう!

ありがとうございました。

 

出会いに関係した事、全てに感謝しています。

広告
カテゴリー:ボクセル, 基本操作
  1. BLESTAR
    2012年8月8日18:57

    Kojiさん
    分かりやすく記事にまとめていただいてありがとうございます。教えていただいた方法をいろいろ試してみます。ありがとうございます

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。