ホーム > ボクセル, 基本操作 > ボクセルで始めてみよう。(ビュー操作編)

ボクセルで始めてみよう。(ビュー操作編)

えーと、どういう感じでやって行くか仕事の行き帰りチャリンコで往復1時間あるのでマッタリ考えてたのですが

一から全部の機能を自分なりに説明して行くというのもありかもと思ったのですが…

それは、結構大変ですし分かりにくいと思うので、僕が普段よく使っている機能を紹介していく事にしました。

取り敢えずコレだけ抑えておけば造形出来ますよって事で書いて行こうと思います。

まだコレを書いてる段階でどういう感じで説明して行くか考えてないという無計画っぷりですが

お付き合い下されば幸いです。

では行って見ましょう~。

3dcoat(3.7.14A)を立ち上げるとまずこんな画面が出てきます。

image

まずは、ボクセルスカルプトで球体を表示させてみましょう。

image

赤丸で囲んだ部分を選択。

image

こんな感じの画面が出てきます。

まずはビュー操作ですね、まぁ、基本的過ぎるかもしれませんがいちいち説明して行きます。

大事ですので。

3Dのソフトをある程度触っている方にとってはかなり違和感無く触れる操作系になっています。

カスタマイズも出来ますが初期設定で説明して行きます。

image

赤線で囲んだ部分をクリックするとビュー操作できます。

普段は、殆どショートカットを使って操作して行きます。

imageカメラの回転です。Alt+左クリックです。オブジェクト以外の空間を左クリックしても同様の動作です。

imageカメラの移動です。Alt+中クリックです。オブジェクト以外の空間を中クリックしても同様の動作です。2ボタンマウスの場合など左クリック右クリック同時押しでも同じ効果です。

image縮尺の変更。Alt+右クリックです。オブジェクト以外の空間を右クリックしても同様の動作です。

この3つがビュー操作の基本です。最初のうちは、コレだけ押さえておけば取り敢えずOKです。

ペンタブレットの場合は、描く時が左クリック、右クリックはペンのボタンです。ビュー操作時は、

・Altを押しながら描くとカメラの回転。(Alt+左クリック)

・Altを押しながらペンのボタンを押して描くとカメラの移動。(Alt+左クリック+右クリック)

・Altを押しながらペンのボタンを押してペンを浮かせて動かすと縮尺の変更。(Alt+右クリック)

と言う感じになります。

・ショートカットキーを使ってビュー操作中にShiftキーを押すと真正面や真右面を表示出来ます。オブジェクトを切り取るときに重要な操作なので覚えておくと良いでしょう。

imageパースの掛かり具合の変更です。アイコン上で右クリックを押すと初期状態に。造形中に必要な場合はどうぞ。

imageオブジェクト全体をフレームに収めます。Shift+a。

image最期にブラシを置いた位置を中心に表示、ブラシの大きさでカメラの寄り具合が変わります。shift+z。

imageカメラ位置を初期状態に戻します。homeキー

imageパースのon/offの切り替え、分割したりするときはパースをoffにすると良いでしょう。NUM5(テンキーの5)

imageクリックすると、メニューが出てきますが今回は説明しません。

と思いましたが

image

赤線で囲まれた部分だけ説明します。

imageオブジェクトを回転させると、こんな感じの印が表示されます。この印を中心に回転しているという事です。

imageオブジェクト上にポインタを置いた位置を中心に回転です。ポインタがオブジェクトから離れた場合は最期にオブジェクトの上に置いた位置を中心に回転。

imageグリッドの中心と考えればよいかと思います。

image最期に描写して位置を中心に回転、僕はコレを良く使います。

imageんー、僕も理解してない部分がありますが、3dcoatでは、ボクセルツリーのレイヤー上に最初にオブジェクトを作成した中心と言う感じでしょうか、こんな説明ですいません。。。今のところ僕は使っていません。。。

imageオブジェクト上でfキーを押すとその点を中心にして回転させることが出来ます。どのモードを選択していてもfキーを押すとこのモードに移行します。

作っている物や好みに合わせて使い分けて下さい。

動画でまとめておきます。

番外。

3Dマウス(http://www.3dconnexion.jp/)

僕は最近(今年の3月位から)コレ

(3Dconnexion 3Dマウス SpaceNavigator SE (Standard Edition) SNSE)

を使ってビュー操作をしています。

3Dマウスの左ボタンににシフト、右ボタンににコントロールを割り当てて

3Dマウスでビュー操作をしてペンタブレットで描くというスタイルです。

造形中にキーボードは殆ど触らなくなりました。

個人的にはオススメですが慣れも必要です、合う合わないもあると思います。

3D系のソフトを使った事が無い人のほうが入りやすいかもしれません。

描きながらビュー操作も出来ます。

動画はこんな感じ。

盛り上げツールを使いながら回転させています。

普段使う場合はロール回転が重宝します。

 

 

ビュー操作って当たり前にやっているので、わざわざ説明書きをするのは意外と新鮮でした。

まず、コレが出来ないとどうしようもないのですよね。

PCほぼ触った事が無いこれからデジタル原型やりたい人、原型師だがデジタルに移行したい人、

CGで彫刻始めたい美術畑な人、趣味でCG始めたい人etc。。。

需要は少ないかもしれないですが、その方々向けです。

ゆっくりペースになると思いますがよろしくお願いします。

間違いの指摘や感想などお気軽にどうぞ。

広告
カテゴリー:ボクセル, 基本操作
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。